沿革

  • 1987(昭和62年)

    4月
    「財団法人テルモ科学技術振興財団」設立
    戸澤三雄 理事長就任
    11月
    テルモ前社長(当時)森下泰死去に伴い、同氏所有テルモ株が財団に遺贈され、運営基盤強化
    「一般研究助成」開始
  • 1988(昭和63年)

    「国際交流助成」開始

  • 1989(平成元年)

    特定公益増進法人に認定。以後、継続して再認定

  • 1991(平成3年)

    「特定研究助成」創設。助成期間3年間、助成金額年間1000万円(3年で3000万円)

  • 1993(平成5年)

    4月
    阿久津哲造 理事長就任
  • 1994(平成6年)

    この年より特定研究は研究テーマ、一般研究は研究分野・領域を指定して募集開始

  • 1998(平成10年)

    財団ホームページ開設

  • 2002(平成14年)

    4月
    高橋晃 理事長就任
  • 2007(平成19年)

    7月
    財団設立20周年記念式典実施
    10月
    20周年記念誌発行
  • 2009(平成21年)

    9月
    中高生を対象にWebサイト「生命科学DOKIDOKI研究室」開設
    国際交流助成事業の拡充
  • 2011(平成23年)

    東日本大震災を受け、一般研究助成に特別枠を設置

  • 2012(平成24年)

    2月
    書籍第一弾『いのちの不思議を考えよう』出版
    3月
    研究助成金 第1回 贈呈式を開催
    4月
    公益財団法人へ移行
    7月
    財団設立25周年を記念して創設したテルモ国際賞、財団賞の第1回授賞式実施
    8月
    高校生を対象に「サイエンスカフェ」開始(第1回は東北被災三県を対象)
    11月
    25周年記念誌発行
  • 2013(平成25年)

    3月
    青少年を対象にした「科学・技術フェスタ」に出展
    9月
    中尾浩治 理事長就任
  • 2014(平成26年)

    3月
    書籍第二弾『やっぱりすごい!日本の再生医療』出版
    4月
    「研究助成」に事業化の要素を加え、「研究開発助成」として再スタート
    7月
    第2回 テルモ国際賞授賞式
    「研究開発助成(海外)」、「医療・健康向上貢献事業助成」創設
  • 2015(平成27年)

    7月
    財団名をテルモ生命科学芸術財団に変更
    「現代美術助成」創設
  • 2016(平成28年)

    7月
    第3回 テルモ国際賞授賞式
  • 2017(平成29年)

    3月
    書籍第三弾『脳の神秘を探ってみよう』出版
    6月
    三村孝仁 理事長就任
  • 2018(平成30年)

    3月
    30周年記念式典&2017年度贈呈式開催
  • 2019(平成31年)

    4月
    「現代美術助成」終了
    財団名をテルモ生命科学振興財団に変更