公益財団法人テルモ生命科学芸術財団 Terumo Foundation for Life Sciences and Arts

公益財団法人テルモ生命科学芸術財団
HOME > 国際賞

国際賞

記念講演

神経幹細胞移植による新規脊髄損傷治療法開発

奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科・分子神経分化制御研究室
中島 欽一

中島 欽一

神経幹細胞とは、ニューロン、アストロサイト、オリゴデンドロサイトという脳・神経系を構成する主な細胞へと分化する能力を持っています。その培養は比較的容易であることから、ドナー不足が解消される可能性が高く、またiPS細胞由来神経幹細胞を用いれば、倫理的な問題や拒絶反応も克服できることなどから、神経幹細胞移植治療は有効な治療方法として期待されています。

損傷脊髄ではまず直接挫滅損傷(一次損傷)のあと、炎症性細胞の浸潤、サイトカインの影響により(二次損傷)がおこり、グリア細胞(特にアストロサイト)が増殖、瘢痕を形成することでニューロンの軸策伸長が阻害されることが知られています。そのため実際の実験モデル動物における損傷脊髄内では、移植神経幹細胞がアストロサイトへ優位に分化し、ニューロン軸索の修復がされず劇的な運動機能改善はみられていませんでした。

そこで、MeCP2による神経幹細胞制御の研究に着手しました。MeCP2はメチル化されたDNAに結合し、転写抑制因子として機能するエピジェネティック因子の1つです。テルモ科学振興財団による助成を受けた研究では、脊髄にMeCP2を異所的に発現させた神経幹細胞を移植すると、アストロサイトへの分化が抑制されると同時に、通常見られないニューロン新生が見られるようになることを明らかにしました。すでに、抗てんかん薬バルプロ酸が神経幹細胞のニューロン分化を促進することを明らかにしていたので、本財団の助成後には、損傷脊髄への神経幹細胞移植とバルプロ酸投与を併用することで新しいニューロンを供給し、これにより損傷脊髄機能を改善させるという新規治療法(HINT法)も開発しました。

近年ヒトiPS細胞が樹立され、倫理的な問題や拒絶反応を避けられる利点があることから、再生医療への利用に注目が集まっています。そこで、前述した損傷脊髄治療に関する研究成果を基に、ヒトiPS細胞由来神経幹細胞の移植が治療に有効であるかどうかも検証し、一定の効果が上がっています。

pagetop