中高生と“いのちの不思議”を考える─生命科学DOKIDOKI研究室

「サイエンスカフェ2015」レポート 細胞シートや模擬人工心臓づくりを 最先端の医工連携施設で体験

4回目を数えた「サイエンスカフェ2015」は8月7日&8日の2日間開催され、全国各地の16校33名の高校生が参加した。1日目は講義、2日目は最先端の医工連携施設Twinsで、大学院生らの案内で施設見学のあと、少人数のグループに分かれての実習。再生医療や人工臓器、人工皮膚を使った縫合体験など、聴いて・見て・体験する充実の2日間となった。今回は写真を中心に紹介しよう。
スケジュール
1日目 8月7日(金)●京王プラザホテル
15:00~
開会 挨拶
15:10~17:40
1.
「人工臓器最前線-機械工学が先進医療に貢献する」
 
早稲田大学理工学術院 創造理工学部総合機械工学科 教授 梅津光生
2.
「細胞シートと心筋再生~再生医療最前線」
 
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 所長代行・教授 清水達也
3.
「脳の機能を知る覚醒下(起きた状態での)脳手術と最新治療」
 
東京女子医医科大学 先端生命医科学研究所・脳神経外科(兼任) 教授 村垣善浩
4.
「薬剤溶出ステントと使われている技術~虚血性心疾患の低侵襲治療の歴史」
 
テルモ株式会社 心臓血管カンパニー IS事業部 R&D 山本寿弘
19:00~21:00
懇親会
2日目 8月8日(土)●TWIns
9:00~9:10
ガイダンス
9:20~10:10
10:20~11:40
実習(午前の部)

実習プログラム(ローテーションで実施)

1.
大動物実験室見学・実習
2.
簡易型人工心臓の作製
3.
温度応答性材料と細胞シート
11:40~12:40
昼食休憩
12:40~15:30
実習 午後の部
15:40
17:00
解散

■参加校

(北海道)
北海道岩見沢農業高等学校 北海道札幌西高等学校
(青森)
青森県立八戸北高等学校
(秋田)
秋田県立秋田中央高等学校
(福島)
福島県立会津高等学校
(滋賀)
滋賀県立彦根東高等学校
(大阪)
大阪府立大手前高等学校 大阪府立天王寺高等学校 賢明学院中学高等学校
(兵庫)
兵庫県立神戸高等学校 兵庫県立龍野高等学校
(奈良)
国立奈良女子大学附属中等教育学校 奈良県立奈良高等学校
(島根)
島根県立出雲高等学校
(広島)
国立広島大学附属高等学校
(徳島)
徳島県立徳島科学技術高等学校
PAGE TOPへ