中高生と“いのちの不思議”を考える─生命科学DOKIDOKI研究室

「サイエンスカフェ2015」レポート 細胞シートや模擬人工心臓づくりを 最先端の医工連携施設で体験

参加した高校生たちの感想から

※寄せられた感想の一部を抜粋したものです

工学部の視点から医療を支える大切さを学ぶ

秋田県立秋田中央高等学校(S・H 男)

サイエンスカフェに参加して特に心に残っていることは、医学と工学の連携に関してです。
私は以前から工学部を志望していたため、先生からこのサイエンスカフェへの参加を勧められたときは、「最先端の医療に触れられるよい機会だし、自分の進路とは関係ないけどまあ行ってみようかな」という漠然とした気持ちでした。
しかし、初日の4人の方々の講義に始まり、2日目のTWIns見学や実践学習を通して、医療に関する興味が深まっただけでなく、心の底から「参加してよかった」と思うことができました。
教授らの講義では、「医療にかかわる仕事=医学部とは限らない」と多く聞きました。それまで工学部の視点から医療を支えるという考えは思いつきもしなかったので、将来の幅が広がるのを感じました。具体的に、テルモでは機械系、化学系、生物系、薬剤師、システムエンジニアや獣医など、いろんな技術・知識を持つ人が集まって1つ1つの医療機器を作り上げているという話を聞き、本格的に「新しい時代」が始まっているのだと実感しました。

医学系に進みたい僕にとって「一生の宝物」になった

滋賀県立彦根東高等学校(T・S 男)

1日目の講義では「覚醒下脳手術」についての話がとても印象的でした。今の技術では人を起こしたままで脳の手術ができる・・・。21世紀の最先端の技術に驚かされました。その後の懇親会ではいろいろな人と話すことができ、仲間の輪を広げられたし、全国各地から集まっているので学校紹介を聞けただでも楽しむことができました。
2日目に訪れたTWInsでは最先端の科学技術に実際に触れることができました。簡易型人工心臓づくりでは、学生の方たちに作り方を丁寧に教えてもらったし、手助けもしてもらいました。できあがった人工心臓を動かす体験では、自分が作った心臓は本物の心臓に比べ性能がはるかに及ばないことを体感でき、本物の心臓の凄さに驚かされました。模擬縫合体験は、完成度は別として医療系に進みたい僕にとってはとてもおもしろかったです。また、細胞シートを実際に扱うことができ、その扱いの難しさを体験できました。
最後の自由討論で、岡野光夫教授からの「一度だけの人生。悔いの残らないように頑張ってください」との言葉を聞いて、改めてもっと勉強をがんばらないといけないと実感しました。将来、医学部を出て医者になって、世界の貧しい人々のための医療に携わりたいと思っている僕にとって、サイエンスカフェは最高の研修になりました。この研修での新しい仲間との体験は、一生の宝物です。

知識とともに心構えを教えてもらった2日間

大阪府立天王寺高等学校(N・K 女)

サイエンスカフェに参加して、たくさんのものを得ることができました。まず、最先端の技術についての知識です。清水達也教授の講義のテーマである“再生医療”という言葉はテレビなどでしばしば耳にしていましたが、「幹細胞生物学」と「組織工学」から成るという基本的なことから、細胞シート作製の専門的な手順、“まるごと”臓器を作るという最終的な目標まで、細かく学ぶことができ、より具体的に“再生医療”についての知見を持つことができました。
村垣善浩教授がされている脳の覚醒下の手術は今回の講義で初めて知りました。見せていただいた手術・検査の映像は今でも強く印象に残っています。山本寿弘先生には、本物の薬剤溶出ステントを触らせていただきました。体内に治療で入っていく技術を手にとるというのは非常に新鮮な体験でした。梅津光生先生の、イギリスやオーストラリアでは手術室をtheaterと呼ぶという豆知識は、医療の現場に近づいたようで、ドキドキしました。
そして、理・医系を志す者としての心構えです。梅津先生、山本先生の講義では、医学の新しい技術の開発には、医学だけではなくさまざまな学問分野の人と協力することや、産・官・学が手をとり合うことが大事だと学びました。自分1人だけでなく、さまざまな人と多面的にアプローチして研究すべきなのだと思います。清水教授の「一度だけの人生をどう生きるか」というお話で、自分の知識や努力を社会に貢献するために使いたいという思いが強まりました。村垣教授には、患者さんと真剣に向き合うことの大切さを改めて自覚させられました。

細胞培養の実験や細胞シート移植が体験できて感動!

国立奈良女子大学附属中等教育学校(K・F 女)

私は中学2年生のころから医師になりたくて、医師にかかわるさまざまなニュースに興味を持つ中で、一番ひきつけられたのは再生医療でした。ES細胞、iPS細胞について知るたびに「これがもっと進めば早く多くの人が助かるのになぁ」と感じていました。
その中で、ある日の夕方、ニュースを見ていると「細胞シート」についての特集があり、新たな再生医療の光がさしたことに興奮して、手帳に「細胞シート、東京女子医科大学、岡野先生」とメモしたのを今でも覚えています。それから数年、サイエンスカフェで実際に細胞シートについての講義を聞き、細胞培養の実験や細胞シート移植の体験までできて本当に感動して、絶対医学部に入って大学や院で再生医療の研究をしようと心に誓いました。
また、私が今まで割と医学の方ばかりに目を向けていたところに、医工連携の大切さを教えてもらい、それもとても衝撃的でした。TWInsでは早稲田の方と女子医大の方がまさにチームプレー、連携をとって研究を進めている姿を見て、やはり医学というのは、もちろん病院内で働く医師や看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や介護士などさまざまな職種の人がうまく団結しないといけないし、研究においても工学、化学、薬学など他学部と協力してこそよい結果が生まれると強く思いました。
手技の練習ができたのも貴重な体験で、「将来医師になることができたら一生懸命練習して上手にできるようになりたい。患者さんを助けることができるのなら何万回でも練習しよう」と心から思いました。

迷いが晴れて医療工学への関心がますます深まった

兵庫県立神戸高等学校(G・H 男)

今回サイエンスカフェに参加したのは、これに参加すれば自分の進路をはっきりとイメージすることができるのではないかと思ったからです。僕は特に親の影響もあって医療工学の道に進みたいと中学生のころから考えていました。高校もその考えを実現させるためにSSH校を選びました。しかし、高校に入って自分の進路をしっかりと考えようと思ったときに壁に突き当たりました。というのは、医療工学の道をめざす上で工学側からか、医学側からか、どちらからアプローチしていくのが自分に合っているのかが分からなくなったのです。
そんなとき、先生から「サイエンスカフェに参加すれば医療工学に進んだ先輩の話が聞けるかもしれないよ」と誘われ、参加を決意しました。実際にサイエンスカフェに参加してみて、医療工学に進んだ先輩方や、教授の方々のお話を聞いたり、質問をすることができ、迷いを晴らすことができたように感じます。医療工学への興味、関心がさらに深まった2日間でした。

自分の将来の夢、それはたくさんの命を救う仕事だと実感

徳島県立徳島科学技術高等学校(K・M 女)

私は将来、製薬系または医用工学系の企業へ就職し、人を助ける仕事をしたいと思っています。2日間の研修の中で、講義を聞いたり施設の見学をしたり実習をするなどの経験を通して、いろいろなことを学ぶことができました。
講義で一番印象に残ったのは清水達也先生の「細胞シートと心筋再生~再生医療最前線」でした。特に、失われた臓器の機能を取り戻すという内容に凄く興味を持ちました。角膜再生治療によって目が見えるようになるということは、患者からすると「失った視界を取り戻す」、生まれたときから目が見えなかった人からすると「視界を手に入れる」ことになるだろうと思います。細胞シートの研究に携わることで誰かの視界を救えるというのはとても素敵なことだと思います。
村垣善浩先生のお話の中で出てきた、脳の手術において腫瘍を取れば取るほど生きる期間が長くなるが、取れば取るほど後遺症が増えるというジレンマが起きること。このジレンマを少しでもなくすように薬や医療器具を作るのが技術者や研究者なのだと知ることができました。医者は決して神ではない、と先生が紹介したCMにあったけれど、その通りだと思いました。医者がどれだけ患者のことを思って治療を尽くしたとしても、助からないことはあります。そういうことが少なくなるよう、よい薬や医療器具の開発を進めていかなければいけないと思いました。そのためにも、医学、工学、化学は密接に連携していかなければいけません。講義を聞いて、自分の将来の夢が、たくさんの命を救う仕事だと知ることができ、夢の実現に向けて頑張ろうと思いました。2日間で学んだことを、これからの自分の進路に役立てていきたいと思っています。

PAGE TOPへ